【2024】ゼネラリ香港(Generali Hong Kong)|会社概要・取扱い保険商品をご紹介

保険選びにおいて、手堅い会社の歴史や商品内容を知ることは重要ですよね。

今回は、イタリア最大の保険会社であるGenerali(ゼネラリ)の香港部門に注目して、その歴史や特徴を解説します。Generali(ゼネラリ)はイタリアのトリエステに本拠を置く、イタリア最大の保険会社です。世界50ヵ国に拠点を持ち、2019年の総保険料収入は697億EURを超えています。

気になるポイントを詳しく説明します。

記事を読むことで、Generali香港という会社をより深く理解できるだけでなく、保険選びの参考にもなること間違いなしです。

もし香港保険の選び方やプラン選定でお困りごとはあれば、お気軽に110香港へご相談ください。

 

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

Generali香港社の基本情報

Generali(ゼネラリ)はイタリアのトリエステに本拠を置く、イタリア最大の保険会社です。世界50ヵ国に拠点を持ち、2019年の総保険料収入は697億EURを超えています。Generali香港社は、Generali Groupの一員です。香港においてLife Insurance、Wealth Management、年金、そして投資まで幅広い金融サービスを展開しており、顧客のニーズに応えています。また、グローバルな視野とローカルな市場知識を活かし、成功を収めています。

Generali香港社は、お客様の利益を最優先し、最高品質の保険商品を提供すべく、その価値観やミッションを大切にしています。同社の目標は、お客様にLifetime Partnerとして信頼される存在になることです。また、ESG(環境、社会、ガバナンス)の視点も重視し、持続可能な成長戦略を実行しています。

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

Generali香港社の歴史

Generaliは1831年にイタリアで設立された世界規模の金融会社です。事業をはじめて約190年と長い歴史があります。Generali香港社の歴史を振り返ると、以下のような主要な出来事があります。

– 1831年: イタリアで創業

– 1975年: 香港で事業を始める

– 1989年: フランスのアクサ中東法人の株式を買収

– 2006年: Toro Assicurazioniを買収

– 2019年: 日本支店が閉鎖

香港では1975年に事業をはじめました。ゼネラリグループのグローバルな専門知識とローカル知識をもって、200,000人以上の顧客数を誇っており、毎年300,000以上のクレームに対応しています。

Generali香港社の拠点数

ゼネラリ社の営業拠点は世界50ヶ国以上で、イタリアではナンバーワンのシェアを誇ります。アジアでは8拠点を展開しており、香港市場においても積極的な展開を行っています。現在、香港におけるGenerali香港社の拠点は、本社を含む複数のオフィスがあり、さらにGeneraliのグローバルネットワークも活用しています。

Generali香港社の格付け

A.M. Best’s financial strength ratingsにおいてA評価を獲得しています。イタリアの大手保険会社Generaliグループの一員として、アジアでのビジネス展開を積極的に行っています。その信頼性と安定性は、格付け機関によって高く評価されています。
世界50ヵ国以上で展開しており、22年間一貫してフォーチューングローバル500企業のトップ100にランクインしている企業です。

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

Generali香港の取扱い保険商品

Generali香港社では、さまざまなニーズに対応した保険商品を提供しています。

顧客のライフステージや目的に応じて、最適な保険商品を選ぶことができます。ここでは代表的な3商品を紹介します。

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

Lion Tycoon/Lion Tycoon Beyond2(ライオンタイクーンビヨンド2)

Lion Tycoon/Lion Tycoon Beyond2(ライオンタイクーンビヨンド2)は、Generali香港社が提供する投資型保険商品の一つです。Tycoon という意味は、富裕層、資産家、偉人という意味で、積極的に資産運用をしたい人に向いている商品です。

また、保険料の支払い方法も柔軟で、顧客のニーズに合わせて選択できます。

さらに、Lion Tycoon/Lion Tycoon Beyond2では、運用期間が長いことが特徴で、子供や孫まで引き継ぐことができます。老後の生活をより豊かにするためや、子どもの進学のためなど長期的な資産運用をしたい人に最適です。

【ゼネラリ香港保険紹介】Lion Tycoon/Lion Tycoon Beyond2(ライオンタイクーン/ライオンタイクーンビヨンド2)|香港の米ドル建て貯蓄型保険

Lion Guardian Plus One(ライオンガーディアンプラスワン)

Generaliの投資向け保険商品『LionGuardian PlusOne』は、重大疾病に対応する一方で、将来の資産を守るための優れた選択肢です。保険料が安価でありながら、がんなど再発が多い疾病に対する包括的な保障を提供します。加入者は100歳までの保険料が免除される特典を享受でき、将来のリスクに備える賢明な投資として注目されています。待機期間があるものの、がん対策として優れた内容を持つため、資産運用とリスク管理を両立させる投資家に適した保険商品です。

Lion Harvest Pro Deferred Annuity(ライオンハーベストプロディファードアニュイティ)

ライオンハーベストプロディファードアニュイティはGenerali香港が提供する商品で、USD建ての積立型年金保険です。加入年齢は18歳から70歳までで、保険期間は年金受取が終わるまでとなっています。保険料は年払いで、最低保険料はUSD 2,500/年です。年金受取は50歳以降で、受取開始年齢は選択可能です。保険料の一部は所得税控除に利用でき、将来の年金受取に備える節税対策として利用されます。また、受取年齢を遅らせることで受取年金額が増加する仕組みです。
香港で購入すると若干の所得税の節税効果が期待できます。

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

Generali香港と共に賢く保険を選ぼう

Generali香港と共に賢く保険を選ぶことで、安定した人生に一歩近づくでしょう。
なぜならGenerali香港は、長年の金融リーダーシップを持ち、世界中のInvestorに信頼されているためです。
また、ESG投資やSocial Mediaを活用した情報収集、香港を始めとするアジア市場での投資成功実績があり、信頼度の高い会社と言ってよいでしょう。
Insurance110(ワンテン)は海外の保険に興味がある人や、資産運用をしたい人のサポートを行っています。Generali香港が気になる人はぜひInsurance110(ワンテン)にお問い合わせください。

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

海外資産運用のご相談は、『insurance110(ワンテン)』グループへ

1998年に香港で金融サポートを開始した「insurance110グループ」では、これまで世界4カ国・11拠点で、7,000名以上の海外在住日本人のサポートを行ってまいりました。香港保険管理局(ライセンス番号:FB1667)に登録された正規代理店としての強みを活かし、500種類以上の保険商品・資産運用商品の中から、経験豊富なフィナンシャルアドバイザーが、海外資産運用のきっかけづくりをサポートします。

といった疑問をお持ちの方や、資産運用のデメリットもしっかり把握したいという方は、ぜひお気軽に「insurance110香港」までご相談ください。資産運用の成功に向け、出口戦略に至るまで長期にわたる永続的なサポートをお約束します。

\ご不明点やご質問はお気軽にどうぞ/

▼各種保険会社・商品の紹介はこちら

関連記事