ギリギリで計算してみた!最低いくら分の保険に入れば良いのかを解説します(生活費編)

[更新日:2021年01月04日]

万が一、一家の大黒柱が亡くなった場合、遺された家族の生活はどうなってしまうのでしょうか? どのくらいお金があれば生活できるのか? ギリギリ生活できるラインをシミュレーションしてみました。

ご覧になった方は向こう20年程度の生活を見越して約2,000万円が遺された家族には必要ということがお分かりいただけたかと思います。
万が一の時のためだけでなく、何事もなく平和に老後を迎えたときの資産形成のためにも、今できることをファイナンシャルプランナーに相談してみませんか?

▼記事で詳しく知りたい方はこちら





こちらの記事もおすすめです
■嘘?本当?『老後2000万円不足』」を海外視点から考察。
■続…『老後資金2000万円』問題。年齢・収入モデル別シミュレーション
■老後帰国の備え方『お金を使い方で分けてみる「消・浪・投」支出3分法ポートフォリオ』
■「保険は四角、貯蓄は三角」この意味わかりますか?気付くとハッとするお金のアハ体験





個別相談  帰国前セミナー
ページTOPへ