【セミナー動画】黒船来航!戦後の日本の保険はこうやって変化してきた

[更新日:2021年10月04日]

戦前や戦中は、戦争に徴兵される子どもに保険をかけ 徴兵時にお金を受け取る徴兵保険が主流でした。
その後生活スタイルの変化とともに貯蓄目的の保険のニーズが高まり、外資の参入により医療保険やがん保険といった新しい分野が発達していきます。
そしてライフプランコンサルティングセールスが普及し始め、 保険料競争の戦国時代への突入します。 現代社会における保険の役割とは?
この動画で一緒に学びましょう。





こちらの記事もおすすめです
■保険会社が倒産したら、契約はどうなる?
■解約返戻金の基礎知識を解説!
■海外投資7つのメリット
■日本に資産を置いたら絶対ダメ!!~なぜ、いま海外に資産を置く人が多いのか?~
■今更人に聞けない、保険、株式、債券の違い~メリット・デメリット大公開~
■20年で約2倍!?なぜ今海外投資が必要? – 海外投資のビフォー・アフター 運用実績を生検証





個別相談  帰国前セミナー

ページTOPへ