本気で計算してみた!いくら分の保険に入れば良いのかを解説します(学費編)

[更新日:2021年07月12日]

人生における三大支出のひとつは教育費です。
ひとり当たり数千万円かかるといわれていますが、住む場所や年齢などによって変動の大きな部分ですね。
現在は健康に過ごされていると思いますが、人生は何が起こるかわかりません。もし一家の大黒柱であるご主人が亡くなった場合は、ライフプランが大幅に狂う可能性があります。
保険は「備えあれば憂いなし」です。
残された家族に必要な教育費を準備するためには、いくらの保険に入っておけばよいのか、知っておくことをおすすめします。
今回は具体的な数字を使って、いくら分の保険に加入すればよいのかをシミュレーションしました。

▼記事でもっと詳しく見たい方はこちら

▼計算してみた!シリーズ【生活費編】はこちらから





こちらの記事もおすすめです
■嘘?本当?『老後2000万円不足』」を海外視点から考察。
■続…『老後資金2000万円』問題。年齢・収入モデル別シミュレーション
■老後帰国の備え方『お金を使い方で分けてみる「消・浪・投」支出3分法ポートフォリオ』
■「保険は四角、貯蓄は三角」この意味わかりますか?気付くとハッとするお金のアハ体験





個別相談  帰国前セミナー

ページTOPへ