AIA一覧

年齢?性別?環境?保険料金はどうやって算定されるのかを徹底解説!

私たちは日々、さまざまなリスクと隣り合わせで生きています。
病気やガンにかかるリスク、死亡するリスクなど…心配はつきません。
いつ何が起こるかわからないから、万が一の場合に対応できるよう保険に加入している方も多いのではないでしょうか。

そんな保険ですが、なぜひとそれぞれ保険料が違うのでしょうか?
あの人は安い?、私は高い?など、どのように保険料金が算定されているのか気になりますね。
今回は保険料金を決める3つの算定基準を解説します。

まずはこれだけ抑えよう。3つの保険の特徴とメリット&デメリット

「保険に加入したほうが良いといわれるけど…、どれが良いのかわからない」とお困りの方にオススメです!
加入する商品や商品名・種類を選ぶ前に知っておくべき代表的な『保険の分類』について、代表的なものを3つご紹介いたします。

難しすぎると思って避けている方にもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

老後2,000万円不足問題とつみたてNISA

公的な事実として老後2,000万円不足問題が顕在化し、政府から老後資金を『自己責任』で貯めましょうと言われるようになりました。
日本では老後資金を貯めるのに有効な制度のひとつとして『積立NISA』がありますね。
この『積立NISA』と海外居住者が加入できる海外年金プラン、どちらが老後資金を貯めるのに良いのかを解説します。

老後2,000万円不足問題とiDeCoと海外年金

老後2,000万円不足問題は私たちがこれから直面するであろう課題のひとつですね。
老後資金は自分で作る必要がある、と政府から言われて、解決の糸口が見つからずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな皆様に向けて今回は
・老後2,000万円不足問題について
・『iDeCo』を活用すれば2,000万円不足問題は解消できるのか
・これで解決!海外年金プランの運用について
などをご紹介します。