資産運用一覧

世界一の高齢化率!日本の年金はどうなる?

現在の日本が抱える問題のひとつに少子高齢化が進んでいることがあげられます。
日本の高齢化率は世界で最も高く、残念ながらこの流れは止まりそうにありません。
このまま少子高齢化が進むと今から30年後の2050年には、一人の若者が一人の老人を支えなければならない時代がやってくるでしょう。
老後資金の不安は今後大きくなるばかり。今のうちにできることを考えて行動してきましょう。

円だけは危険!?海外に資産を置くメリット

日本にいる場合、不動産や年金、預貯金など、基本的には「円」で資産を持っていることと思います。
かつての日本は景気が良く、世界的に見ても一目置かれる存在でしたからそれでも問題ありませんでした。

しかし現在はどうでしょうか。
世界に目を向けると、日本よりも早い勢いで発展している国が多くあります。
あなたが資産を日本円だけで持っているということは、丁半博打の『丁』にずっと賭けているようなものです。

リスクを分散するために海外(外貨)での資産運用を検討してみてはいかがでしょうか。

なぜ今海外投資が必要? – 海外での資産運用を阻む3つの壁

海外生活を送る駐在員として働いているときは、人生のボーナスステージです。ぜひ資産運用や外貨運用を行って、チャンスを活かしましょう。

といった内容を前回、紹介させていただきました。

今回は『なぜ今海外投資が必要?』シリーズの第2弾、海外での資産運用を阻む3つの壁について解説していきます。